Home > ビーズ織り

3.ビーズについて

現在一般に使用されているビーズは、ガラスで作られた小さな筒状のものです。
紀元前からあるビーズは原石を利用してネックレスなどの装飾品を作っていました。

ガラスビーズは、ガラスを型に流し込み遠心力で空洞をつくり、長細いガラス官を細かくカットしていきます。円筒状の丸ビーズ、円筒にさらに角をつけたものをカット・ビーズと呼びます。

ビーズ織り用のビーズは従来のものよりも穴が大きく、針が通りやすくできています。メタリック調のものや透明のものなど現在、400色ほどの織り用のビーズがあります。しっとりとした織り上がりの光沢が魅力です。